■趣味■

100321RUN.jpg 100320umaninoru.jpg
110102movie_banner.jpg 110102drama_banner.jpg

■語学(学習中)■

101230ARABIC.JPG 101230KOREAN.JPG

■語学(お休み中)■

101230CHINESE.jpg101230TAMIL.jpg.JPG
101230GERMAN.JPG 101230TURKISH.jpg

2011年06月15日

中東の音楽1

Facebookで適当にシェアしてきた中東の歌手とその曲を集めてみました。ある程度たまってきたら、さらに項目を追加して、データベースにしたいなぁ、と思っています。 私が興味を持っているのは中東の音楽全般と言うよりは、踊りたくなるような音楽です。ベリーダンスに限っているわけではなく、なんとなくその辺のおじさんたちでも踊りたくなるような音楽です。いくつかの曲は、聴いているだけで体が動き出します。なので、リストアップした曲にはバラードが一切無いです。今のところ、バラードに心惹かれることは、和洋問わず一切無いです!年を重ね、成熟するのをおとなしく待ちます! 中東には自分の知らない魅力的な曲がまだまだたくさんあるのだと思うと、楽しみで楽しみで仕方ありません。興味のある文化について知り尽くすのに、人生はあまりにも短すぎます。一日一日を大事にしてゆきたいものです。
国名 歌手名 気になった曲 公式サイト
エジプト Hakim -Yamaya
-Haboso
確認中
チュニジア Ahmed El Cherif -Baddy Teir 確認中
サウジアラビア Abdul Majeed Abdullah -ya tayab alqalbi 確認中
レバノン Raghed Alama -Habibi Ya Nasi 確認中
アラブ首長国連邦 Mohamed Al Mazem -O my Beloved Mohammed
-El Hob Bala
確認中
レバノン Mohamed Eskandar -Joumhouriyet Albey 確認中
サウジアラビア Rashid Al Majed -Meshkelni
-El Eioun
確認中
サウジアラビア Jawad Al Ali -Layla wa Majnoon(トルコのSibel Canとデュエット) 確認中
posted by Dan at 07:44 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学>アラビア語 | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

加護亜依ピンチ騒動について

加護亜依ピンチ ドタキャンや事務所無視(日刊スポーツ 6月7日午前記事)
加護亜依がブログで反論も所属事務所「目を覚ましてほしい」(日刊スポーツ 6月7日夕方記事)

このブログの前身となっている「Dr.Sのワンダーランド」というサイトで、

「『辻加護写真集』を予約する」

というタイトルの記事を書いたのが2002年(下記URLです)。

http://nold.s20.xrea.com/wonderland/idol/01.html

やっていることが今とたいして変わっていないのですが、この記事の中で、私が自分のことをロリコンであると断言していることに気づき、ショックを受けました。当時の私は本当に自分を捨てていたのだなぁ、と。

それは置いといて、とにかく加護を今も応援しています(この記事の末尾参照)。

これらの記事を読む限り、

「目を覚まさないといけないのは、加護じゃなくて、お前だろ!」

という感もあるくらいにイタイことも書かれておりますが、ごめんなさい、

今さら常人になれるか!

というわけで、本題に入ります。

加護がピンチなのはタバコでフライデーにスクープされて以来ずっとなので、それほど驚かないですが、加護が所属事務所との関係を大事にしないのは、自分に対して事務所がどれだけの投資をしてくれているのか、そして、それに対して加護がどれだけの貢献をもって事務所に利益をもたらせるのかを、あまり深く考えていないことから来ていると思います。そうなると、社会人としてどうなの?という話になります。

加護は、周りから、ちゃんとした社会人教育を受けているのでしょうか?

中学生になるかならないかの頃にアイドルの仲間入りし、非常に人気が出てしまったために忙しくなり、まともな教育を受けている暇が無かったのかもしれませんが、逆に、業界で生きるために学ばなければいけない礼儀や上下関係の意識は身に着けざるを得なかったと思います。だから、それなりに社会人教育は受けてきたはずです。

ただ、教育を受けたから遵守するかといったらそうでない場合もあります。加護が未成年時に喫煙しているのをスクープされたとき、私はブログで擁護派のコメントをしましたが、確かに日本国のルールはルールなので、加護はしっかりとそのルールを守るべきだったと思います。

そして、ルールを破り謹慎している間に、再びルールを破ってしまったことがありました。2度目の喫煙発覚です。これも、背景(仕事上のストレスやプレッシャーなど)を想像するとどうしても加護寄りになってしまうのですが、やはりルールはルールなので守るべきでした。

私はこの喫煙のことについて、当初、「法律の遵守」という観点で良い、悪いを評価してしまいましたが、実際は、事務所(=自分をプロデュースし、芸能界にいさせてくれる場所)に迷惑をかけない、ひいては自分自身を守る、という大きな枠組みで見る必要がありました。

だから、当時のハロープロジェクトは2度目の喫煙発覚をもって、加護を解雇しました。加護は砂漠のキャラバンから追い出され、一時期荒野をさまようこととなりました。

そして数年後に別のキャラバンが加護を拾ってくれたのです。その事務所を通じて、加護はJazz活動もさせてもらえるようになったし、映画にも出られるようになったのです。

それなのに、また今回、事務所に迷惑をかけていることが、本当に悩ましいです。

加護は反論しているようですが、契約の解除が円満かどうか、ということではなく、拾ってくれた事務所に対して、加護はいったいどんな貢献をできたのだろうか、そう考えると、まだまだ加護は、今まで所属していた事務所にいなければならないと思います。

ただ、今の事務所が何かひどいことを加護にさせようとしているならばまた話は別です。

ファンってもどかしいですね。断片的にしか情報がわからないから、ついつい偏見を持って物事を見てしまいます。

とにかく、私が望むことは、

加護には、今までの事務所にとどまってほしい。そして、芸能界にとどまってほしい。

ということです。今回は、かなり正念場だと思います。加護と付き合っているという40代の男性も、加護を芸能界に長く残すために、何が最善なのかを考えてほしいです。その人に勝算があって加護に独立を勧めているのならまた話は別ですが、その勝算はリスクをはらみます。私の感覚だと、まだ本当の意味で成功していない段階で独立したところで、長くは持たないと思います。


<以前に書いた加護に関する記事>

加護の契約解除について(2007年03月28日)

加護復活(2008年04月12日)

加護ちゃんが俺を、引き戻す(2008年07月05日)

未成年白書(2008年09月11日)

日誌:加護がものまねをしていた(2009年04月09日)

加護亜依:No hesitAtIon(2009年07月26日)

かわらないこと(2009年10月06日)

歴史は繰り返す!?(2009年11月14日)

思い立ったが吉日の加護ライブ(2009年11月19日)

加護は常に旬(2010年02月07日)

加護バースデーディナーショー(2010年02月11日)

AI KAGO meets JAZZ 名古屋ライブを観て(2010年04月23日)

加護亜依 JAZZ〜The First Door〜(東京倶楽部)レポート(2010年08月29日)

posted by Dan at 07:50 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント>アイドル | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

『HEY!HEY!HEY!』少女時代スペシャルを観ました

昨晩の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』は少女時代スペシャルでした。

サラリーマンの宿命か、番組をリアルタイムに観ることはできませんでしたが、先ほど別筋で鑑賞しました。

やっぱ、何でしょうね、このグループの隙のなさには、ほんと参ります。

テヨン、ユナ、ジェシカ、ティファニー、サニー・・・などなどどの子も輝いてます(メンバー9人なんだから、残り4人の名前も書けよ!という話ですが)

トークの時間はさて置いて(ダウンタウン(松本)が少女時代の通訳を「今メンバーが1人遅れてきましたけどね」といじったあたりは、やっぱダウンタウン面白いな〜と感心してしまいました)、

歌のときって、それぞれのメンバーを撮影する上でカット割りがされますよね。

普通だと、自分の好きなメンバーが登場するときが一番嬉しい、または、そのメンバーが登場するときを楽しみにしながら映像を見ることが多いと思いますが、このグループに限っては、どのメンバーがアップになっていても、それぞれに楽しいんです。

ユナはとても楽しそうに踊ります。あの笑顔は一種の催眠術ではないかと思っています。
ジェシカのクールな視線に釘付けです。ときどき怖いですがそれがまたよい!
テヨンのパワフルな歌声や、ヒョヨンの巧みなダンスは、このグループがアイドルグループであることを一瞬忘れさせます。

まぁ枚挙に暇が無いので、書くのをやめます。出勤時間近いし!

昨日歌っていたのは『Mr.Taxi』。歌詞の中に

「各地で披露する Newstyle 見たこと無いものだけ見せてあげる」

とありますが、本当にこのグループを通じて、見たこと無いものを見せてもらっている感じです。

来月の名古屋公演がますます楽しみになりました。
posted by Dan at 07:49 | 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 余暇 | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

重い!

会社の話です。

5月の頭に組織変更があり、私のいる翻訳通訳の部署と、外国人派遣を行っている部署とをスーパーバイザーとして統括していた外国人がいなくなり、今後、私が二つの部署の部門長を兼任することになりました。

その外国人とは意思疎通の面でいろいろと障害があり、経営陣に何度も相談していたのですが、たまたま外国人派遣を行っている部署の年間契約の獲得状況がかなり厳しかったこともあり、彼は責任を取る形で職を降りました。そして、同部署で部門長をしていた人も、部門著の職を解かれました。

だからといって、私がその部門の部門長を引き継ぐのも変な話ですが、結局、外国人派遣の年間契約が少なかったことから、人を増やすことが当面難しく、また、ISOやPマークの責任者をしている私がこの部署の仕組みや仕事方法を見直し、立て直す形が一番よいだろう、という経営側の判断があり、引き受けることになりました。

なので、なんだか一見めちゃくちゃです。翻訳部門の運営だけでもひいひい言いながらしてるのに!

ただ、これからは無駄なことで変な上司と喧嘩する必要が無く、内部のことではなく、外部のことで、たとえばクライアント獲得のために試行錯誤すればよいわけなので、だいぶ気が楽になりました。喧嘩するのにも辞書を引かないといけない日々は苦痛でしたから。

この状況をお膳立てしてくれた顧問は、

「年齢なんて関係ありません。今は権限を生かして思うとおりにやりなさい。」

と励ましてくれました。今はまだ、不安で不安で仕方ないですが、やるっきゃないです。最近は、不安の大きさに比例して、大須商店街通いの数も増えました。癒し系のお店や韓流グッズのお店です。ちなみに、食べ物の力をあまり借りていないのは成長の証かと思います。ぐっと太るので・・・
posted by Dan at 08:50 | 愛知 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事>その他 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。