■趣味■

100321RUN.jpg 100320umaninoru.jpg
110102movie_banner.jpg 110102drama_banner.jpg

■語学(学習中)■

101230ARABIC.JPG 101230KOREAN.JPG

■語学(お休み中)■

101230CHINESE.jpg101230TAMIL.jpg.JPG
101230GERMAN.JPG 101230TURKISH.jpg

2011年05月03日

結局ゴルゴはすばらしい

ローソンのお手洗いを借りまして、借りただけで何も買わないのもいかん、と思い、吟味して購入したのが『ゴルゴ13』の最新刊(160巻)。どうしても何か買わないといけない!と思ったときに、ふと浮かび上がったのがこの本だった。

毎回ゴルゴ13は、書かれている内容はありきたりで、特に新しいことは無いのですが、逆にそれが、ゴルゴ13への敬意を高めます。ゴルゴ13ことデューク東郷が毎回していることは人殺しです。依頼通りに坦々とこなします。

もしも依頼者が自分をはめるようなことがあったら、その依頼者を殺します。

自分の過去を探ろうとする者がいたら、必ずその者を殺します。

半世紀に渡り、これだけを坦々と繰り返しているのです。そして常に強い。強くあるためのトレーニングも欠かさない。でもスーパーマンではないので、知らない分野や土地・建物に関係した仕事に入る前には徹底的に調べます。つまり、自分に足りないところもよくわかっていて、それを補うための調査や修行も抜かりなく行っていることになります。

『ゴルゴ13』は所詮マンガに過ぎませんが、マンガを使って作家陣(脚本家・漫画家)が自分たちにメッセージを伝えていると考えれば、ただのアクションスペクタクルで片付けることはできないのです。

最近、仕事が忙しくて、1冊1冊のボリュームがかなりある『ゴルゴ13』は読めていませんでしたが、ローソンでの件をきっかけに、また読み漁っています。これを読むと、

「ああ、自分は弱い。もっともっと修行しなければ。鍛錬しなければ。」

と思います。これは5年前には普通に実践できていたはずのことなのですが、今は生活がすさみっぱなしなので、かなりの警鐘をこのマンガから感じます。

同じことでも、続けるのが困難なことを、坦々と続けていられることの価値!今までは、前進、進歩がすべてと思ってましたが、そうした成功体験も、すべては継続が前提なのだと最近は感じます。

まぁ、この話のベースにしているのがゴルゴ13なので、成功体験が殺しって何だよ!という話にどうしてもなってしまうんですけどね!

最近、通うジムを変更しました。ボクシングジム併設のフィットネスジムに通っています。月に数回、ボクシングジムの特訓メニューも受けられるそうですが、今のところ、フィットネスジムのトレーニングで精一杯です。マラソンがまた走れるようにしたい、という希望を実現するためのトレーニングにしています。何とか秋に1回フルマラソンに出て、来年は年に3〜4回出られるようにしたいです。
posted by Dan at 23:36 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余暇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199074102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。