■趣味■

100321RUN.jpg 100320umaninoru.jpg
110102movie_banner.jpg 110102drama_banner.jpg

■語学(学習中)■

101230ARABIC.JPG 101230KOREAN.JPG

■語学(お休み中)■

101230CHINESE.jpg101230TAMIL.jpg.JPG
101230GERMAN.JPG 101230TURKISH.jpg

2011年06月08日

加護亜依ピンチ騒動について

加護亜依ピンチ ドタキャンや事務所無視(日刊スポーツ 6月7日午前記事)
加護亜依がブログで反論も所属事務所「目を覚ましてほしい」(日刊スポーツ 6月7日夕方記事)

このブログの前身となっている「Dr.Sのワンダーランド」というサイトで、

「『辻加護写真集』を予約する」

というタイトルの記事を書いたのが2002年(下記URLです)。

http://nold.s20.xrea.com/wonderland/idol/01.html

やっていることが今とたいして変わっていないのですが、この記事の中で、私が自分のことをロリコンであると断言していることに気づき、ショックを受けました。当時の私は本当に自分を捨てていたのだなぁ、と。

それは置いといて、とにかく加護を今も応援しています(この記事の末尾参照)。

これらの記事を読む限り、

「目を覚まさないといけないのは、加護じゃなくて、お前だろ!」

という感もあるくらいにイタイことも書かれておりますが、ごめんなさい、

今さら常人になれるか!

というわけで、本題に入ります。

加護がピンチなのはタバコでフライデーにスクープされて以来ずっとなので、それほど驚かないですが、加護が所属事務所との関係を大事にしないのは、自分に対して事務所がどれだけの投資をしてくれているのか、そして、それに対して加護がどれだけの貢献をもって事務所に利益をもたらせるのかを、あまり深く考えていないことから来ていると思います。そうなると、社会人としてどうなの?という話になります。

加護は、周りから、ちゃんとした社会人教育を受けているのでしょうか?

中学生になるかならないかの頃にアイドルの仲間入りし、非常に人気が出てしまったために忙しくなり、まともな教育を受けている暇が無かったのかもしれませんが、逆に、業界で生きるために学ばなければいけない礼儀や上下関係の意識は身に着けざるを得なかったと思います。だから、それなりに社会人教育は受けてきたはずです。

ただ、教育を受けたから遵守するかといったらそうでない場合もあります。加護が未成年時に喫煙しているのをスクープされたとき、私はブログで擁護派のコメントをしましたが、確かに日本国のルールはルールなので、加護はしっかりとそのルールを守るべきだったと思います。

そして、ルールを破り謹慎している間に、再びルールを破ってしまったことがありました。2度目の喫煙発覚です。これも、背景(仕事上のストレスやプレッシャーなど)を想像するとどうしても加護寄りになってしまうのですが、やはりルールはルールなので守るべきでした。

私はこの喫煙のことについて、当初、「法律の遵守」という観点で良い、悪いを評価してしまいましたが、実際は、事務所(=自分をプロデュースし、芸能界にいさせてくれる場所)に迷惑をかけない、ひいては自分自身を守る、という大きな枠組みで見る必要がありました。

だから、当時のハロープロジェクトは2度目の喫煙発覚をもって、加護を解雇しました。加護は砂漠のキャラバンから追い出され、一時期荒野をさまようこととなりました。

そして数年後に別のキャラバンが加護を拾ってくれたのです。その事務所を通じて、加護はJazz活動もさせてもらえるようになったし、映画にも出られるようになったのです。

それなのに、また今回、事務所に迷惑をかけていることが、本当に悩ましいです。

加護は反論しているようですが、契約の解除が円満かどうか、ということではなく、拾ってくれた事務所に対して、加護はいったいどんな貢献をできたのだろうか、そう考えると、まだまだ加護は、今まで所属していた事務所にいなければならないと思います。

ただ、今の事務所が何かひどいことを加護にさせようとしているならばまた話は別です。

ファンってもどかしいですね。断片的にしか情報がわからないから、ついつい偏見を持って物事を見てしまいます。

とにかく、私が望むことは、

加護には、今までの事務所にとどまってほしい。そして、芸能界にとどまってほしい。

ということです。今回は、かなり正念場だと思います。加護と付き合っているという40代の男性も、加護を芸能界に長く残すために、何が最善なのかを考えてほしいです。その人に勝算があって加護に独立を勧めているのならまた話は別ですが、その勝算はリスクをはらみます。私の感覚だと、まだ本当の意味で成功していない段階で独立したところで、長くは持たないと思います。


<以前に書いた加護に関する記事>

加護の契約解除について(2007年03月28日)

加護復活(2008年04月12日)

加護ちゃんが俺を、引き戻す(2008年07月05日)

未成年白書(2008年09月11日)

日誌:加護がものまねをしていた(2009年04月09日)

加護亜依:No hesitAtIon(2009年07月26日)

かわらないこと(2009年10月06日)

歴史は繰り返す!?(2009年11月14日)

思い立ったが吉日の加護ライブ(2009年11月19日)

加護は常に旬(2010年02月07日)

加護バースデーディナーショー(2010年02月11日)

AI KAGO meets JAZZ 名古屋ライブを観て(2010年04月23日)

加護亜依 JAZZ〜The First Door〜(東京倶楽部)レポート(2010年08月29日)

posted by Dan at 07:50 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント>アイドル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。