■趣味■

100321RUN.jpg 100320umaninoru.jpg
110102movie_banner.jpg 110102drama_banner.jpg

■語学(学習中)■

101230ARABIC.JPG 101230KOREAN.JPG

■語学(お休み中)■

101230CHINESE.jpg101230TAMIL.jpg.JPG
101230GERMAN.JPG 101230TURKISH.jpg

2011年01月29日

札幌出張

1月16日〜19日にかけて、札幌出張でした。

私は北海道出身ですが、札幌出身ではありません。私の田舎(北見市)から札幌市までは、自動車で5時間かかります。嘘だと思うなら、下の距離・時間検索で見るがいいさ!

「北の道ナビ」
http://time-n-rd.jp/info/result.php?dep=01208&arr=01100&rsel=c&tsel=a

昨年から、私の勤める会社は官公庁が主催する、全国を行脚して行うセミナーのサポート業務を行っており、予定会場の中に札幌が入っていると、とりあえず社長が声をかけてくれます。拠点が札幌に無いんだから、現地コーディネーターを臨時に雇えばいいじゃん、と思われるかもしれませんが、サポート業務ですから、責任を持てる社員が1人以上はいないといけないわけです。臨時で雇ってポカしたら怖いですし。

「DANくん(仮名)、札幌でセミナーがあるんだけど、行けるかしら?ついでにご両親に会ってきたら?」

「いえ社長、両親は北見なので、札幌とは程遠いのです。弟は札幌なので会ってきます。」

出張予定の4日間のうち、セミナーは17日、18日の二日間のみ。セミナーの参加予定人数は100名程度で、私のほかに1名いれば足りるだろう、という算段だったのですが、大阪や福岡など、他の会場の規模が1.5倍以上あり、各会場ともに、2名の臨時スタッフを現地で手配しようという話になりました。どさくさにまぎれて札幌も2名雇えることに。

福岡や仙台など、拠点も無ければ人脈も無いところに関しては、求人サイトや、各地の人材バンクを利用して人を探したのですが、私は札幌に住んでいる弟と、中学校以来の友人であるPONさん(仮名)にお願いしました。二人とも快く引き受けてくれて、とても助かりました(二日目だけは、二名ともは揃わず、PONさんだけにお願いしました)。

「じゃあDANくん、札幌行き、気をつけてね。ご両親によろしくね」

「いえ社長、実家は札幌ではありませんから!」

16日。セントレアから昼ころに札幌へ向けて飛び立つ予定だったのですが、セントレアへ向かう名鉄の特急車が、雪の影響で大幅に遅れ、まさかの飛行機乗り遅れを喫してしまいました。

11-01-17_001

「まじか・・・なんてこった。こういう場合またチケットを買わないといけないのか・・・」

がくんと肩を落とし、航空会社の受付カウンターへ行きます。

「すいません・・・先ほど発の便に乗り遅れてしまったのですが・・・この後の便に乗せていただくなんてことは、可能なのでしょうか・・・」

「はい、もちろんでございます・・・」

おお!なんとありがたい!同一会社のフライトで、空きがあれば後の時刻に立つ便に乗せてもらえる、ということでした。ハウラッキーアイアム!

とはいえ、次便が出発するまでは5時間も空きが。海外便乗り継ぎの際のトランジットかよ!と。
とりあえず、セントレアのショッピング街をぐるぐる周って時間潰し。

実は1日目の夜に弟に会う予定だったのですが、それもかなわずでした。何せ札幌のホテルに着いたのが22時半だし。

ところで、久し振りに降り立った冬の札幌は、予想以上に雪世界でした。スーパーマリオのステージかよ!と思いたくなるほど、ただの歩道に雪でできた段差があって、それを登ったり降りたりしないと前進できないというもどかしさ。そして、油断すると転びます。キャリーバッグを引きながら歩くのは無理がありました。途中からキャリーバッグを持ち上げましたよ。車輪があまりにスリップするものだから。

翌日。セミナー1日目。PONさんと弟が予定通り合流。二人に伝えたのは、「とりあえず、臨機応変にしてもらえればうまくいくので・・・」という頼りない説明。セミナーの運営ヘルプは、マニュアル通りにしていればうまくいく仕事では無いので、とりあえず、エンドユーザーやセミナー参加者のニーズを積極的に察知し、満たしてゆくことが肝心です。

そのあたり、2名はしっかり実践してくれて、私はとても助かりました。私自身は指示以外、ほとんど何もしてなかったですし。むしろ、私の不器用さを二人が補ってくれた感じです。

1日目のセミナーが非常に円滑に進行し、特に問題も無く終了しました。その日の夜はPONさんとお食事して解散。その後、少しススキノを歩きました。ただ、結構疲れていて、今日どこかに寄ってしまったら2日目のセミナーに影響する!と思い、コンビニで北海道限定の缶コーヒーを買って飲むにとどめました。

ところで、1日目の札幌は、地元でも稀に見る大雪だったらしく、道路交通は非常に混雑したみたいです。PONさんは自動車で来てくれていたのですが、札幌郊外に帰ろうとするも、雪のため断念し、札幌市内に宿泊することにしたとのこと。宿泊費を出せなくてごめんね。予想してないのよ、こんな事態は・・・

セミナー2日目。PONさんのみ合流。私とは別の団体から来ていた運営スタッフの1人が二日酔いでダウン。同じ団体の別の人いわく、「毎回こんな感じなんです・・・各地で1日目から飲みに出てしまい、飲みすぎるんです」とのこと。

「仕事中にダウンは困ったものだけど、翌日に仕事があるのにパアっと飲んでしまえるのがすごいなぁ、いいなぁ」

と、その人の性格や趣向に対して少しあこがれを抱くのでした。

2日目は私の気配りの無さを感じましたね。運営スタッフがパネルディスカッションの準備でセロテープを使いたいとの指示だったので、セロテープを渡したのですが、テープだけを渡して、ハサミも何も渡していませんでした。PONさんがこれに気づき、

「あっ、もしかしてハサミを渡してませんでしたか?すいませんね、私この人の幼馴染なんですけど、昔からこうなんです」

とフォロー。

(む、昔から!?)

なーんて思いながら、

(まー、確かに、昔からだな。)

と納得するのでした。自分は普段、手でセロテープ切ってるけど、普通に考えるとおかしいものね。セロテープ用のスタンドかハサミは必須だわな。

とはいえ、特に大きな問題もなく、セミナーは終了。自分の会社の拠点から離れた場所でのこうした案件は、資料や機材を持ち込むのを忘れてしまうと取り返しがつかないので、今回はあるべきものがすべて揃っていたのでほっとしました。何度もチェックしたとはいえ、やっぱり心配で。

この日の夜は、弟夫婦の家に招かれ、お寿司をいただきました。ようやく、ようやく会えた・・・お寿司に、じゃないですよ、姪っ子と甥っ子。弟夫婦に生まれた1歳半の娘さんと、生まれたばかりの男児です。

「カパーイ!」

姪っ子がマグカップを突き出します。「兄ちゃん、乾杯して」と言われ、姪っ子とコップをつき合わせます。乾杯をした後はおいしそうにマグカップの水を飲んでゆきます。

から揚げをちぎりながら口の中に入れるたびに、「オイシイ!」

ちぎったから揚げの一部を周りの人に差し出しては「アゲル〜」

断片的ながら、ちゃんと場面ごとに適切な言葉を発していることに、私はすごく感動しました。

「なんか自然に覚えていくみたいだよ」

とのこと。幼児が言葉を覚えていく過程ってすごい興味があります。面白い。

そして早速、お寿司をいただこう!と寿司に手を伸ばすと、再び姪っ子が

「カパーイ!」

とはしゃぎます。一度箸をおき、もう一度カップをつき合わせて乾杯。

さぁ、今度こそお寿司を!と箸を近づけた瞬間再び

「カパーイ!」

「ははは、毎日こんなに乾杯があると、楽しいね・・・」

結局、この日は20回くらい乾杯をしました。はしゃいでたみたいです。
しかも、たまにフェイントをかけられました。「カパーイ」と言われたのでカップを突き出したのに乾杯をしてくれない、みたいな。

生まれたばかりの甥っ子は、残念ながら眠っており、対面の機会は次回へ持ち越しになりました。

てなわけで、札幌滞在3日目も無事終わり、残すは翌日朝の営業と、昼の飛行機で名古屋へ戻ることだけとなりました。

しかし!!

まだ、ススキノ探検が終わっていないんだ!少しでも歩かないと。

そう思い、午前0時、ホテルを出た私は、ススキノをお散歩。

お散歩中に路上の怪しい男性に声をかけられ、その時間からでも遊べる場所を案内してもらいました。

「気をつけてくださいね、路面ほんと危険ですから!名古屋の方でしたら、なおさら気をつけないと」

「な、なかなか険しい道のりだね・・・」

夜の凍った路面を必死に歩きながら遊びに行くって、なんてアホなんだろう私は、と実感するのでした。

そして、既にシャッターが降りている場所に裏口から入り、目的の場所へ案内されるのでした。これって結構危険なところへ導かれていた可能性もありますね。気をつけないと、次回は命が無いかもしれない。

そんなこんなでホテルに戻ったのが午前3時くらい。んで午前8時半から営業訪問。よく起きれたな、とも思いますが、少しはビジネスマンらしくなった、ということでしょうか。とりあえず、起きないとけないときには起き、行くべきところには行くと。

今回のまとめとしましては、

・弟や幼馴染に感謝!!!特に幼馴染とは、知り合ってから十年以上経った今、こうしてまた別の形で一緒に活動できて嬉しかった。

・すすきのは予想していた以上にディープなところかもしれない、と期待が膨らんだ!!!ただ今回が初めてだったので、まだまだ未知数。

・姪っ子を見ながら人間の成長はすばらしい!と感動3時間後にススキノへ遊びに行ってる私ってどうなんだろう?

とうことです。札幌でお世話になった皆さん、ありがとうございました。
posted by Dan at 07:56 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余暇 | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

『君は僕の運命』第1話〜第19話を観ました

最近、夜に笑うことが多くなりました。

変質者になったわけではありません。既になっているしね!

じゃなくて、

会社から帰ってきてから、TSUTAYAで借りた韓国ドラマを観ています。

『君は僕の運命』という連続ドラマです。少女時代のユナが出演していると聞いて観始めたのですが、ドラマそのものが面白くて、あっという間に第19話(DVD第4巻)まで観てしまいました。

内容はコメディタッチのホームドラマです。男女の恋愛、というよりは、男女とその周りにいる家族や親戚間のコミュニケーションに焦点が置かれているので、とてもたくさんの人物が登場します。だからか知りませんが、今のところ全く飽きないです。

中でも、予備校の講師と、その講師が幼い頃に憧れていた、現在シングルマザーの女性とのやり取りが一番気になります。その女性の娘が、その講師に恋しているため、背徳感は無いのかよ!と思いながらも、講師はその女性へのアタックをますます強くしてゆきます。私も幼い頃に憧れていた人が、しばらく経ってから目の前に現れていたら、きっと黙ってはいられないです。

このドラマだけなのかもしれませんが、恋愛を経て結婚となると、家同士の関係が強く意識されるものだなぁと思います。これは韓国ドラマですが、日本とあまり変わらないなぁ、と。私の弟が結婚してはや二年になりますが、子供が生まれてから一定の期間が経ってから行う初宮参り、食い初め、初節句、初誕生といった儀式にこだわる嫁の家と、それらをあまり意識していなかった婿の家との意識の違いや、そこから起こるちょっとしたすれ違いと和解、儀式に参加した人と参加しなかった人との間のちょっとした確執や理解など、何かイベントがあるたびに、さまざまな人間模様が繰り広げられます。

だから、このドラマは内容が大げさに見えますが、それなりに人生によくあることを楽しく描いているなぁ、と思います。

あるエピソードで、区長さんの家に送られてきた小包を奥さんが気になって開けたところ、中から天然の高麗人参が現れ、たまたま訪ねてきた義母がそれを見て、具合の悪い息子(区長)に元気になってもらおうと勝手にサムゲタンの具にしてしまい、後からすべてが区長にばれて、あれは建設会社からの賄賂だったのに何で勝手に開けて使ったのだ!と怒ります。

「小包勝手に開けるなよ!」

「おばあちゃん、勝手にサムゲタンに高麗人参入れちゃだめでしょ〜」

など、突っ込みどころはいろいろあるのですが、よくよく考えると、おかしなことをしてしまう人は、現実世界にも多々いますよね。家族に届いた郵便だし、お歳暮みたいだからちょっと開けちゃえ!という感覚で開けてしまう人もいるでしょうし、冷蔵庫など、身の周りによさそうな具があって、それが体に良さそうであれば、今日の料理に使ってみようかしら?と思う人もいるでしょう。そういったことはよくよく考えると危険で、よくないことなのですが、してしまう気持ちもわかります。

そして何より、こういった非常識なことがされないことには、物語が進まない!

自分が小さい頃によく観た日本のドラマに観られたような、どうでもよいハプニングやエピソードが盛りだくさんのドラマです。全部で178話(1話あたり20分くらいです)あるので、これからじっくり観てゆきます。
posted by Dan at 23:55 | 愛知 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 余暇 | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

サクラになりきるのは大変

会社主催のイベントで、

「参加者の数を少しでも多く見せたい!」

という担当者の意向により、急遽サクラとして参加することになりました。

教育関係者に向けたセミナーということで、愛知県内の小中学校の先生が参加。

「スーツは着ていかなくていいの?」

「あっ、そういうのはいいです。普通に振舞ってください」

と言われ、のそっと普段着で行きました。

そしてセミナー。開始早々、講師の人が、

「今日お越しいただいた皆さんは、小中学校の先生が多いと思いますが、小学校の先生は手を上げていただけますか?」

といった感じで、参加者の構成を確認し始めたので、「中学校の先生は?」と言われたときに手を上げておきました。

その後、セミナーの内容に入ってから、

「それでは、現在、英語教育の現場で、皆さんが気をつけていることや、英語教育の結果、生徒にどういった変化が起こっているかを、グループディスカッションで発表しあっていただけますでしょうか?発表の前に、皆さんの紹介もしてみて下さいね。所属の学校とか・・・」

という、聞いてない展開に。私が入れられたグループには、リアルな先生が3人もいます。

(まいったなぁ・・・さっき中学校の先生のところで手を挙げてしまったしなぁ・・・)

と思いながらも、ディスカッションが始まります。

「はじめまして、港区の●●中学校の英語科担当の××です」

「●●市で英語教育をしておりました××です」

と進む中、なるべく怪しまれないように、

「豊橋から来ました山田です」

とあいまいに紹介をしました。そこは何とかクリア。あー、そうだよね、あいまいにしておけばいいじゃん。

しかし!

セミナーが休憩に入って廊下に出たとき、さっきのディスカッションで同じグループだった年配の方から話しかけられ、話が盛り上がってしまいました。

「ところで先生は、豊橋のどちらの中学校の先生なんですか?私も三河の方面はよく行きますので。差し支えなければ教えていただきたいのですが」

「あっ、はい、ちょっと待ってくださいね・・・すぐ戻りますので」

久し振りにすごい慌てました。最初は「適当に『南中学校です』とか答えればOKだろう」と思ったのですが、相手が豊橋の学校に詳しいに違いないので、もしも南中学校が無かったら嫌だし・・・と思い、一応確実にある学校をネットで確認し、休み明けのセミナー会場に戻りました。

セミナー終了後、やっぱりさっきの年配の先生が寄ってきたので、

「あっ、私は●●中学校です」

と答えました。すると、

「ああ、●●中学校ですか!まだ××先生はいらっしゃいますか?」

「あっ、××先生ですか?私もまだ赴任して間もないので・・・」

「ああ、そういえば××先生は小学校に異動したんでしたっけね」

「はは・・・私も話を聞いたことはあるのですが、実際にお会いしたことは無いんです」

「いやー●●中学校は行ったことがありますよ。野球がお強いですよね。私も野球部の顧問してるものですから、練習試合でお世話になりました」

「あ、そうですか!それはありがたい話で・・・」

あー、久し振りに緊張しました。あたりさわりの無いことを、矛盾の無いように適当に話すことにこれだけの神経を使うとは。

とりあえず、その方の名刺だけ受け取って別れました。

会社に戻ってから社長に、

「なんかどこかの学校の先生に中学校の先生だと思われてたね」

と言われ、一部始終を報告しました。社長は爆笑。

「いや、私はかなりひやひやものでした・・・」

セミナーの担当者からは、

「今日はありがとうございました。でも、あからさまに寝過ぎです!いびきかいてなかったからよかったけど・・・消しゴムぶつけようと思いましたよ!」

と軽く怒られました。そう!肝心のセミナーの講義中、私は寝てたんです。続けて駄目押し、

「大学時代の講義を思い出しましたよ!あの頃は私も寝てました!でも今日はあからさま過ぎ!」

というわけで、ダメダメな参加者のサクラを演じきった感じです。

今後は、イベントに参加しても地味に地味に振舞おう、と思うのでした。
posted by Dan at 23:55 | 愛知 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事>その他 | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

弟に第二子が誕生!の巻

札幌に住む弟に、第2子が誕生した!

なんてめでたいんだろう。ていうか、年子です。私は弟を尊敬します。今、弟の頭の中は希望と同じくらい不安でいっぱいだと思います。でもそれを乗り越えてゆくのではないかと思うのです。根拠は無いです。ただ、運命をひたすら肯定的にとらえることの上手な弟で、これまでもいろいろな困難を乗り越えてきています。たから、私にとっては少年時代から自慢の弟です。

まぁ、この手の話は、最終的には、じゃあ俺はどうなんだ、という話になるのですが!

とりあえず、もう少し趣味まみれの30代を謳歌したいので、盲目的に走ります。33歳くらいまで・・・

しかし、こういうことを話すと、

「33歳になってからでは、遅いよ〜」

と最近よく言われます。そうなんでしょうかね。正直よくわからないです。

来週末から再来週にかけて、弟のいる札幌に出張なので、弟の話もいろいろ聞いてみたいと思っています。
posted by Dan at 23:55 | 愛知 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 未分類 | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

ちびちび進むSILENT HILL 4: THE ROOM(六)

855423

(あらすじ)穴の向こうにある異世界の病院で、アパートの隣人アイリーン・ガルビンと再会した主人公は、「下へ向かえ」と指示した謎の手紙に従い、病院の地下へと進む。(詳しくはこちらへ)

前回プレイしてから、かなりの時が流れました。なので、私もどんなストーリー展開だったかを忘れつつあります。しかし、このままでは悪夢にうなされている主人公たちがあまりにも可哀想ですので、最終的には救いたいと思っています。

んで、前回、地下鉄の世界(二巡目)の女子トイレに空いた穴から、自分の部屋へと戻ったのですが、居間がポルターガイスト状態になりつつあり、2つある窓が両方ともガタガタ音を立てていました。そして、画面が赤く点滅し、安全であるはずの自分の家の中でゲームオーバーとなってしまいました。

あのときなによりも最悪だったのは、そうなる前にセーブしておかなかったことです。なので、新春初のサイレントヒルは、もう一度アイリーン・ガルビン(隣人のかわいいコ)を救うところから再開しました。

前回プレイ時からだいぶ開いてしまったものの、手が覚えてますね、キー操作を。でも攻撃に使うのは結局金属バットなんですけどね。バイオハザードのようなカッコよさが無いので、久し振りに攻撃をしてもあまり爽快感は無いのでした。ただ、これは銃が無いという意味ではありません。銃も使えるのですが、接近戦で空振りした後の間が短い金属バットですべて事足りるじゃん、という結論になりました。ちなみにアイリーン・ガルビンの武器はハンドバックです。

そして、アイリーン・ガルビン救出後はもう一度、地下鉄の世界(二巡目)へ。ここでは一巡目で亡くなってしまったアパートの住人(女性)がゴースト化しており、全然死んでくれません。殴っても殴っても起き上がって追いかけてきます。このゲームでゴーストは死にません。しかも、ゴーストの近くにいるだけでこちらは体力をもぎ取られます。これはきつい。アイテム収集も謎解きも、ゴーストに邪魔されると本当に進みません。なので、アイテムの十字架形の剣(帰服の剣)で、ダウン中のゴーストを固定します。

「ウォオオオオオオ、ウォオオオオオオオ」

と唸っているのがうるさいですが、とりあえずこれで他のことに集中できます。

ただ、正直、二巡目の地下鉄ホームで、どこを目指せばよいのかさっぱりわかりません。マップも以前(一巡目)に使ったマップだし!

なので、本当にアホみたいなのですが、一巡目の道のりをとにかく辿ることにしました。そして、そのために必要なのが

「リンチストリートラインのコイン」

です。地下鉄駅の改札を通るために必要なのですが、もう一巡目で役目が終わっていると思い、アパートの部屋にあるアイテム箱に置いてきてしまったのでした。

もうですね、非常に面倒。普通、体力回復系のアイテムで無い限り、繰り返し使うことは無いと思うんです。しかし、このゲームでは、謎解きで一度使ったアイテムももう一度使う場合があるということが、今回のプレイでわかりました。

というわけで、また女子トイレから部屋に戻りました。そして今回はしっかりセーブ。

しかし!今回もまた、ポルターガイスト現象のためか、画面が真っ赤に点滅。そして主人公が危篤状態に。

「何か使えるアイテムがありそうだ」

というありがたいヒントが出てきて、おそらくそのアイテムがホーリーキャンドルだろう、ということも予想はつきました。「除霊効果がある」と説明がついているためです。

しかし、置き場所が全然わからないんです。ガタガタ言ってる窓の近くで使おうとしても

「ここには置けない」

とつれない表示。なんで?いいじゃないすか、この辺にいるときだけ点滅するわけで、ここがやばいのは確かなんだから!

てなことをブツブツ言いながら、キャンドルの置き場所を探しているうちにまた死んでしまいました。この後、同じ理由で7回連続で死にました。

なので、キャンドルの置き場所はわからないまま、とりあえず部屋の中の安全な場所をつたって、本来の目的である地下鉄の世界の改札をくぐることを優先しました。

ここでようやく、前回より少しだけ、先へ進めました。

ところで、ゴースト化した例の女性は、どこへ行ったのか?

すごい気になっていたのですが、ちゃんと、着いてきました。壁をグニョッと潜り抜けて現れました。すごいうっとおしい・・・このゴースト1体しか出てこないのはよいですが、消滅させる方法は無いのでしょうか・・・

ちなみに、ここまで来る間に、アイリーン・ガルビンの武器がグレードアップして、

「乗馬用ムチ」

になりました。制作者に感謝。このゲーム唯一の癒しであるアイリーン様が使う武器がムチだなんて。一緒に行動しながらもドキドキします。さぁ、これからだ!

今日のプレイはここまで。45分間でした。来週はとにかく地下鉄を出たい!

(続く)
posted by Dan at 23:55 | 愛知 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | コーナー>ちびちび進むSILENTHILL4 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。